世界を美しく便利なものに仕上げるテクノロジーの数々

通信技術
説明

極小の泡のパワー

マイクロバブル。それは一粒一粒がミクロレベルの、極小の泡。どんな隙間にも入り込むその泡の粒々は、洗浄の分野で活用されています。工業用の洗浄装置だけでなく、マイクロバブルシャワーという人が使えるものも登場しています。

これを読む

デバイス通信

オフィス運用の味方

オーダーエントリーシステムは、ASPサービスを利用した場合、初期費用が30万円程度、月額料金が5000円前後で利用できるサービスもあります。メール、電話での問い合わせといった手厚い保守メニューが提供されています。

これを読む

テクノロジー

精巧な被せ物

歯科治療で登場する歯の被せ物。これを作るための最先端の方法を、セレックシステムと呼んでいます。コンピュータシステムを利用して、ミクロ単位で精巧な、ひとりひとりに合った歯の被せ物を完成させることが出来ます。

これを読む

油を吸い取る装置

排水処理をしっかり行なうために導入を始める人が増えています。マイクロバブルで水の異臭を抑えていくことが出来るので人気があります。

幅広い種類の金属加工を行なってくれます。ハステロイの加工を専門業者に依頼しておけば、理想の形へとしっかり仕上げてくれます。

オイルスキマーの使用法

connection

オイルスキマーとは、油を回収する装置のことです。主に工場や製油所などで使われ、食品や自動車工場や金属工場、洗浄や熱処理などで排出される、使用済みの水などの液体に含まれる、油を回収するために幅広く使用されています。 その排出される液体は、乳化状のものや油を含んだ水、あるいは作業により液体に含まれた物質まで、さまざまに含まれるために、そのオイルスキマー構造は、液体に含まれる物質の比重を利用して回収する構造となっています。そのため用途により、様々な種類のオイルスキマーが存在します。 その多様性のため、回収する以外の液体を使用したり用途を誤ると、回収の時に使用するフィルターが壊れやすくなる事態や、液体水量の逆流が起き、オイルスキマー自体が壊れてしまう事態に陥ります。

種類と上手な活用法とは

オイルスキマーは、回収する液体の用途に合わせて、除去する油のためにさまざまな形状のものがあります。 例えば、その構造がシンプルで大量に油を回収できるスチールベルトタイプや、樹皮ベルトタイプ、円盤タイプや円筒タイプ、チューブタイプまであります。 その種類の多様性にも関わらず、設置は工場の機器の中では比較的取りつけが簡単で、しかも値段も比較的安価であることが特徴です。 一方でオイルスキマーのタイプにより、設置空間の制約や補助タンクなどを設置する必要があります。特にベルトタイプや円盤タイプには必要なため、費用と設置構造とを熟考して、的確なオイルスキマーを設置する必要があります。 費用を惜しんで的確な設置を怠ると、周辺環境やコストをかえって膨大に損失する事態が発生します。エコや環境に取り組む姿勢が、オイルスキマーの利用には必要になります。